銀行キャッシングはどうやって手続きするのか?

MENU

銀行キャッシングはどうやって手続きするのか?

銀行キャッシングは最短30分の即日審査と、スムーズに行けばその日のうち借りられる即日融資が魅力です。

 

スピーディーに借りることができるので、急にお金が必要になったり、お財布がピンチになった時に役立ちます。

 

今は必要がなかったとしても、いざという時にスピーディーに借りられるよう、
申し込み方法をチェック知っておくことも必要です。

 

銀行でお金を借りるというと、窓口に相談に行ったり、平日の15時までに
窓口に来訪しなければならないと思う方が少なくありません。

 

ですが、銀行キャッシングに限っては、逆に窓口では受け付けていないこともあります。

 

主な申込み手段はインターネット、コールセンターで、銀行によっては
自動契約機やテレビ電話窓口、郵送やFAXによる方法も用意されています。

 

インターネット申し込みはパソコンまたはスマホやケータイからも利用ができ、
24時間365日いつでも何処からでも申し込めるのが便利です。

 

ただし、審査については真夜中などは受け付けていませんので、
たとえば真夜中に申し込んだ場合には、翌日の午前9時以降に審査結果が出ます。

 

コールセンターは平日および土日祝日も申し込めるのが一般的で、夕方や夜間でも受け付けてもらえます。

 

自動契約機やテレビ電話窓口は、銀行の支店のATMコーナーにブースを設けて設置されているのが一般的で、インターネットやコールセンターと違い、そこまで行く必要があるもののその場で審査からカード受け取りまでできるので、直ぐに借りたい人には特に便利です。

 

郵送の場合は通常ATMコーナーに設置されている申込書を持ち帰り、
そこに必要事項を記入して本人確認書類など必要書類を添付したうえで郵便ポストに投函します。

 

時間はかかりますが、ネットを利用できない方やコールセンターでオペレーターとの会話をしたくない方には便利です。

銀行キャッシングの借入方法を知っておこう。

銀行キャッシングの借入方法には大きく分けて、専用のキャッシングカードを使ってATMで借り入れる方法と、
指定したご本人の銀行口座に借入金を振込みしてもらう振込みキャッシングの方法があります。

 

どの銀行でもカードを使ったATMによる借入方法が基本になりますが、
振込みキャッシングについては用意されているところと、利用できないところもあります。

 

カードによる借入れは、キャッシングを利用する銀行の本支店のATMのみならず、全国の金融機関の提携ATMやコンビニATMが使えます。

 

ただし、地方銀行のキャッシングを利用する場合や、ご自身の最寄りのATMが設置された金融機関や
コンビニが地域限定のマイナーなところな場合には、事前に何処で利用できるか確認してから申し込んだほうが安心です。

 

ご自身がよく利用する地域で借りられるか、確認をとっておきましょう。

 

振込みキャッシングは利用後に専用のインターネット上のマイページが作られ、セキュリティ対策を兼ねた専用のIDと
パスワードでログインし、画面操作で借入れを実行し、予め指定したご自身の口座に振り込みを依頼する方法です。

 

銀行によってはコールセンターの自動音声やオペレーターを通じて、本人確認や暗証番号確認のうで、
申し込み時に予め指定した銀行口座に振り込み依頼ができるケースもあります。

 

いずれにしても、ご自身の口座にしか振込みはできません。

 

振込みは平日の15時までに間に合えば、その日のうちに入金されます。
一方、平日の15時を過ぎた場合は銀行や指定した口座によって対応が分かれます。

 

原則は平日15時を過ぎた分は、翌営業日以降の振込みになります。

 

例外として、24時間瞬時に着金ができるところもあります。