学生の借入はバイトなどの収入があることが前提

MENU

学生の借入はバイトなどの収入があることが前提

学生が借入をするときには、基本的にバイトなどをすることによって一定の収入があることが前提となります。

 

これは、消費者金融のサービスに適用される法律的な規程に原因があるのです。
消費者金融が提供するサービスを利用するときには、必ず融資の枠に上限が存在します。

 

この上限の枠を作っている規制のことを総量規制というのです。

 

総量規制は、融資の申請にやってきた本人の年収の三分の一を上限とした枠の設定を規定していますので、
この範囲内ならばどれほど低い収入であってもお金を借りることができます。

 

学生の場合は、正社員としてお金を稼ぐことができない立場にありますが、
アルバイトなどによって定期的な収入を得ることができる立場にあります。

 

この収入によって枠を作ることができるようになるため、お金を借りるときには
必ず一定の収入を得ることができる職に就いていなくてはいけません。

 

実際、消費者金融の中には学生を専門としている会社もあるくらいですので、
アルバイトだけしか収入源がない人であっても容易にお金を借りることができます。

 

お金を借りるときの条件も簡易的で、在籍確認や信用情報の確認と言った
口頭の審査が一般的となっており、早ければ即日融資で利用することができます。

 

目的を明確にしよう

学生生活を行う上ではお金がどうしても必要になります。学費を学生自身で支払っている場合は特にそうです。

 

学費を親が支払っている場合でも、教材費や友達との交際費、
免許を取るためのお金など様々な場面でお金が必要になります。

 

学生によっては様々な事情により、どうしてもお金が足りないという状況が起こることもあるでしょう。

 

そのような場合は学生向けにお金の貸し出しを行っている金融機関からお金の借入を行うという方法がありますが、
借入を行う前に考えておかなければいけないことがあります。

 

それは何のためにお金を借りるのかということです。

 

お金が借りる目的が不明確だと、スムーズに返済を行うことが出来ません。
お金を借りたものの、色々な場面でお金を使ってしまい返済できないということは避けなければいけません。

 

しっかりとお金を借りる目的を明確にしましょう。

 

例えば自動車の免許に支払うお金がない場合は自動車教習に支払うお金だけ借りるようにします。
お金を借りたからといって他の場面でお金を使ってはいけません。

 

このように卒業旅行に使うお金や資格取得のための使うお金など、
それぞれの目的を明確にした上でお金を借りれば、返済をしっかりと行うことが出来るようになるでしょう。

 

返済不可能な金額を把握する

大学生のほとんどは大学に通いながらアルバイトを行っています。

 

アルバイトによる月々の収入があるので毎月の生活費はなんとかやりくりできるものの、
自動車教習や就職活動などにかかるお金を支払う余裕はないという方は多くいます。

 

そのような場合は金融機関からお金の借入を行うという方法があります。

 

しかし、その前にチェックしなければいけないことがあります。それは返済不可能な金額を把握することです。
お金を借りる場合はいずれ全額返済する必要があります。

 

つまり、毎月の収入から返済するためのお金を残しておかなくてはなりません。

 

10万円の収入があるからといって、毎月10万円を返済することは不可能です。
なぜなら返済するためのお金以外に生活費を払う必要があるからです。

 

借入を行う際は収入から毎月必要になるお金を差し引いた場合、いくら残るのかを確認しておくようにしましょう。

 

その金額を元に借入を行う金額を決めましょう。
そうすれば返済に困ることなく、計画的に返済することが可能になります。

 

毎月必要になるお金を確認することはとても重要なことです。

 

確認する中で無駄な出費があることに気付くこともあります。
無駄な出費はなるべく抑えて、計画的にお金を使うことを心がけましょう。

 

返済のスケジュールを考える

大学や専門学校などの学校に通うためにはある程度のお金が必要になります。

 

学費だけでなく、教材費や友達との旅行費など様々な場面でお金が必要になります。

 

それぞれの学校には奨学金という制度がありますが、
学費や生活費などの費用を学生自身で支払っている場合はお金のやりくりが大変なこともあるでしょう。

 

そのような場合に金融機関からお金の借入を行う方も中にはいます。

 

しかし、お金を借りることが出来るからといってやみくもに借りてしまうのはやめておいた方が良いです。
しっかりと返済のスケジュールを練った上で、借入を行うようにしましょう。

 

返済をスムーズに行うためのポイントは利息分だけでなく元金の一部も返済するということです。

 

利息分だけを返済している方は借金が今後増える可能性があります。
一方利息分だけでなく元金の一部も払っている人は返済がスムーズに行うことができるでしょう。

 

元金は少額でも構いません。元金を減らしていくということが重要になります。

 

数社からお金を借りている場合は返済する機関を1つにまとめることをおすすめします。
その方が分かりやすく、返済のスケジュールも立てやすくなります。

 

学生向けにお金を貸し出している金融機関は色々とありますが、
お金を借りる場合はそれぞれの特徴を考えて慎重に選ぶようにしましょう。