バイクでみんなでお出かけするとき

お天気がいい日に夫とバイクでふらりと出かけて、行先で見つけた雰囲気のいいレストランで食事をする、これだけのことがとても幸せです。都合がつけば、愛犬も一緒に連れて行きます。バイクから見る景色・風を切る気持ちよさなんかにあわせてほかにもいいことがあります。スピードを上げて走っているときに感じる夫・私・愛犬の3者がバイクと一体化したような、空を飛んでいるような感覚はなんともいえません。

なんでもない単純なことだし、お金をかけた豪華な楽しみでもありません。お天気がいい日の朝に突然決めたりするので、布団を干そうとかなにかの用事もみんな後回しになります。バイクで風を切って走ったあとは案外疲れるので、帰ってきたら何をする気もありません。お化粧も崩れるし、ばっちり決めたヘアスタイルもヘルメットをかぶることで台無しになります。バイクに乗るからお洒落な格好もできません。いつもジーンズ・スニーカーにいかついバイクジャケットですから、お洒落なレストランでドレスアップした人に混じると場違いな気持ちもします。

時にはそういう人達に混じることができなくて、違うお店を探すハメになることもあります。それでもそういうことをすべて忘れるくらい面白いのです。思いっきり自由を味わえる・愛犬もいつもと違う景色を眺め、お留守番している必要がないので喜ぶ・ストレスの多い仕事をしている夫も気分転換になる、といいことずくめです。いつも帰ったら「また行こうね」と言い合って終わります。ただ目的地を決めずに走るだけ、こんな単純なことなのに本当に「幸せだなあ」と感じることのできる私達はよっぽど単純なのかもしれません。いいと思うのです。いつか年をとって、もうバイクはあきらめようという日がくるまでずっと楽しみたいと思うのです。